優秀な人材に共通しているものは何か

 

トップパフォーマーと言われる、優秀な人材が私たちの組織の中で、著しく大幅な生産高を貢献しているのは皆さんが知っていることかと思います。パフォーマンスは全従業員を通して等しく配分されているのではなく、生産性の10%はトップ1%の従業員から、生産高の26%はトップ5%からもたらされていることがIndeedの調査で明らかになりました。

これはつまり、トップ優秀人材は平均的な従業員の4倍の成果を挙げるということを意味し、またAppleやGoogleのような会社は、平均的なパフォーマーとハイパフォーマーの間にはさらに大きい差があると報告しています。こうした、業績に並外れた貢献をしてくれる目覚ましい人物とはいったい誰で、どのようにして彼らをもっと多く雇って、ビジネスゴールに可能な限り早く到達することができるのでしょうか?

 

トップパフォーマーを採用するには、まず何が彼らとその他の従業員とを区別しているのかを知る必要があります。彼らはどんな人々で、なぜそんなにも多くの業績を挙げられるのでしょうか? Indeedは1000名の雇用主様にたいして、彼らの会社のトップパフォーマーを際立たせているものは何かを探る調査を行いました。そしてこの調査では、より多くのトップパフォーマーを引き寄せるために企業がどのようにして求人プロセスを最適化するべきかその方法を明らかにしました。

 

 

トップパフォーマーは共通して、5つのカギとなる特徴を持っている

今回の調査では、雇用主様にベストパフォーマーに見られる一番の特徴を挙げていただくように依頼しました。トップ5の返答は、問題解決意欲自己主導性戦略的思考自発性でした。高いパフォーマンスを見せる従業員は物事を終わらせる意欲にあふれ、業務上の支援をほとんど必要とせず、クオリティの高い仕事を生み出すことを可能にする知識と経験があります。彼らはたびたび求められている以上の働きをし、費やす努力に対して具体的な成果を示すことができます。

 

生まれ持った才能と学んだスキルを結びつける

また別の質問では、どの特徴が生まれつきで、どの特質は職務上で獲得することができると考えているかを聞きました。過半数の雇用主は意欲、自己主導性、自発性は生まれ持った性質であるという返答を多くいただきました。戦略的思考と問題解決については、これまでの経験上で得た対応力や知識からでは、と考える傾向が強くみえました。

この調査データを使って、トップパフォーマーの人物像を作り上げることができます。トップパフォーマーとなる人物の傾向としては比較的、生まれつき行動することへの傾向が強く経験を学習する能力を持つ人物のようです。雇用主様はこの行動への傾向と成功体験の実績を持つ応募者を探し出すことにより、より多くのトップパフォーマーを惹きつける採用活動を行うことが可能になると思います。

 

 

インバウンド戦術と正しい職務内容でトップ優秀人材を狙う

自己主導的な、行動志向の候補者を惹きつけるには、求人担当者が行動的な求職者のように考えてみることが必要です。そしてIndeedのような、ハイパフォーマーがチャンスを探している場所で、彼らをターゲットにすることが必要です。また、それらの意欲的な戦略的思考者にアピールする求人広告を書くこともできます。貴社の募集職がどのようにプロジェクトでイニシアチブを取ったり、重大な影響力を持ったり、挑戦的な課題を解決するチャンスを与えてくれるか、彼らに示しましょう。

 

 

日本語に翻訳した記事を掲載しています。

原文はこちらです。