Indeed活用事例 平和自動車交通株式会社

Featured Video Play Icon

背景

平和自動車交通の歴史は古く、戦前に前身となる「杉田商店」を起ち上げ、戦後間もない昭和24年、東京全体でタクシーが1700台程度しか走っていなかった時代にタクシー・ハイヤー業界に参入しました。高度経済成長期後半には、事業強化のために10社近くあった系列会社を平和自動車交通に集中化し、現在は東京・横浜を拠点に業務展開をしています。近年のインバウンドの増加や2020年の東京オンリピック・パラリンピックを控えてドライバー需要は高まりをみせていますが、実際は慢性的に人手不足が続いているのが現状です。また、他業種に比べ新卒者の応募が少なく、従業員の定着率が低いという業界ならではの問題も抱えています。

しかし、こうした厳しい状況にも関わらず、当社は求人に対して明確で一貫した方針を掲げています。「我々の職種は基本的に接客業であり、サービス業だと思っているので、単なるドライバーではなく、お客様の視点に立てる人財を常に求めています。」と創業者を祖父に持つ常務取締役 杉田宏明さんは言う。ここ数年、英語や中国語を話せるドライバーを積極的に採用しているのも、そうしたお客様ファーストの理念から。ユーザーの利便性を第一に考え、同時に従業員が満足感を得られることが会社の理想であると杉田常務は考えています。

アプローチ

平和自動車交通では長年、情報誌や新聞の折り込みチラシなど、主に紙媒体を利用して求人活動を行ってきました。ときには従業員がハローワークなどでチラシを配ることもありましたが、募集数や費用対効果の面から概して効果的とは言えない状態が続いていました。さらに杉田常務はこう感想を漏らします。「私自身手渡しでチラシを配った経験もありますが、一般的にタクシードライバーという職種に対して、非常に不正確でネガティブなイメージを持っている方が多いというのが感想でした。」

 

そこでIndeedを利用するにあたって、まずは求職する側の視点に立った、見やすくて分かりやすい求人広告の原稿制作を目指しました。応募される方のほとんどが未経験者であることや、職種に対する誤解や偏見を払拭することを考え、出来るだけ実際の職場環境をイメージ出来るような求人内容をIndeedと共に考えてゆきました。たとえば、基本給プラス歩合給のような定型化された表現ではなく、モデル年収、モデル月収を明確に記載して実際の給与などを具体的にイメージ出来るようにしました。杉田常務によると、こうした募集内容はほとんど前例がないということです。

 

成果

Indeedの利用をはじめて半年経ったいま、応募数が前年比で大幅に増え、成果として20名ほど採用に至りました。また紙媒体と比べて費用対効果も確実に良くなりました。さらに今までと違う点としては、スマートフォンを見て応募する方が圧倒的に増えたことです。「特に印象的だったのは、Indeedさんを通じて求職された方々の多くが、応募理由として自分のキャリアアップを上げられたことです。」実際、語学スキルなどを活かす職場として選択する方が少なくなく、こうした志望動機は従来とは大きく異なるため、杉田常務にとって新鮮な驚きだったと言います。

 

かつて、貿易関連のビジネスで世界中を見て回った杉田常務は、タクシー業界も時代とともに変革してゆくべきという思いから、東京オンリピック・パラリンピックはもちろん、さらにその先の将来像を描いています。「当社ではUberを導入していますが、ユーザーニーズの観点からこうしたITツールは今後必要不可欠になり、そのためITと連動したIndeedは求人の面で、益々これからも重要な役割を担ってくれるはずだ」と話してくれました。