Indeed活用事例 株式会社フォーラムエンジニアリング

Featured Video Play Icon
今回は技術系人材サービスを提供しているフォーラムエンジニアリング様の導入事例をご紹介します。どのようにIndeedを活用し、どれほどの成果を得ることができたのか、フォーラムエンジニアリング キャスティング戦略部の河野良平氏にお話を伺いました。

背景

フォーラムエンジニアリングは1981年の創業以来、技術系人材サービスを展開し、主に機械電気系エンジニアの人材派遣サービスを行っています。昨年(2016年)4月からはIBM Watson™を活用し、エンジニアのスキル・知識・経験・勤務地などの条件に加え、その人柄なども客観的なデータとして分析する独自のマッチングシステムを開発。この新たなマッチングサービスの導入により、従来の営業担当の属人的なスキルによるマッチングでは実現しづらかった「公平・正確・迅速」な対応が可能になりました。

 

ただ、機械電気系エンジニアは、全国におよそ60万人しかいない非常にニッチな世界。近年エンジニアの需要は高まりをみせる一方で、この限られた人材を巡って、一段と競争が激化しています。「機械電気系エンジニアの業界は、理工系を専攻する人口の減少などを背景にし、慢性的に人材が不足していますので、人材の確保は年々困難な状況となっています。」と、フォーラムエンジニアリング キャスティング戦略部の河野良平氏は述べていました。

 

アプローチ

ものづくり企業は全国各地域に商圏が存在します。またエンジニアも、大都市圏にこだわらず、現在の住み慣れた場所で働きたいという地域密着型のライフスタイルを求める傾向が強い。そのためフォーラムエンジニアリングでは、全国に*20の拠点を置き、各地域の採用担当者の意見を参考にして、地域に根付いた人材の募集に重点を置いています。とはいえ、今までのメデイア手法では、こうした戦略に即した広告が十分に打ち出せていなかったと河野氏は言います。「従来の大手メディアなどの人材広告媒体では、全国に向けての広告出稿になりますので、地域別、商圏別の募集施策に課題を持っていました。」

 

そこで課題克服のため、Indeed の特徴を最大限に活用して、大手メデイアでは届きにくかった地域へ向けて広告を作成することにしました。Indeed における「勤務地」の検索対象は、都道府県はもちろん市区町村名に至るまで細かな設定が出来るため、目標とすべき地域にピンポイントでターゲティングが可能になります。またその際、各地域の現場採用担当者の意見をベースに、Indeedサイドと何度も相談しながら、エリアごとの特徴を色濃く反映させた効果的な募集内容を作成していきました。

 

成果

「Indeedの最大の利点はエリア別に広告の露出をコントロールできる点です。今まで他の媒体ではなかなか募集を集められなかった地域においても、広告露出をコントロールすることで、人材を獲得することができるようになりました。」Indeedを通じて得られた成果を河野さんはそう振り返ります。また、全国の各地域へアプローチ出来たことで、当社が特に力を入れている新規ユーザーのOwned Mediaへの流入も獲得でき、その後のリターゲティング広告施策に確実に繋がっていきました。

 

実はフォーラムエンジニアリングがlndeedの利用を始めたのは2011年。当時はlndeed Japan設立前のことであり(日本法人の設立は2013年)、利用の際の窓口もまだ限られていましたが、今回あらためてlndeed Japanに依頼したところ、広告制作における疑問や要望にきめ細かく対応してもらったと河野氏は言います。また結果として、従来よりも採用効率が格段に上がったため、今後はlndeedの利用が確実に伸びていくと思うと、最後に付言してくださいました。

 

*2017年2月時点